ウォーターサーバー事件簿

トラブル@契約上NGだった

契約してから、実際利用してみると、世間一般の目安程ウォーターサーバーのお水を利用しなかった、という人もいるかもしれません。

 

とある奥様は、定期購入を契約しており、次第にストックが増えてきたので、メーカーに連絡をして「一回に配達される本数を減らすか、配達される頻度を減らしたい」旨を伝えたそうです。しかし、「この配達頻度と本数でお安く契約しており、半年間は替えられません。」と言われたそうです。というわけで、半年間はたっぷりのお水に囲まれて生活をしたのだそうです。メーカーにとって、より多くの量消費することを条件に安く提供するというのは、今では一般的なサービスとなっています。

 

契約して利用する側としては、パンフレットやホームページのとにかく一番安い契約料金を見るのではなく、自分たちのケースに合った料金設定を見ることが大切です。更に気になるメーカーが複数ある場合、条件が微妙に異なることもあるので、どの項目を一番重視して選ぶのかを、前もって確認しておくことが大切です。もし、本数や使用頻度で迷ったら、水を無駄にしないエコの観点から見ても、確実に消費するであろう量から始めてみる。もしくは無料キャンペーンなどを賢く利用してお試しをしてみるのも良いでしょう。